フランス語コース

アテネ・フランセでフランス語を学ぶ

1913年に高等仏語の名で開講されたアテネ・フランセは、創立100年以上の歴史を有します。現存する日本最古のフランス語学校として、多くの知識人や文化人、語学のエキスパート達を輩出してきました。

現在では14以上のコースと180余りのクラスが開講されており、日常会話、仏検対策から文学、哲学など多彩なクラス構成で、フランス語とフランス文化を学ぶ方々のあらゆるニーズにお応えいたします。全くの初学者から上級者まで、目的とレベルにあった講座を用意しています。中学校卒業以上の方でしたら入学条件はございません。フランス語を学ぶ皆様のご登録をお待ちしています。

フランス語科からのお知らせ

冬学期(2020/1/8~3/31)のお知らせ  オンラインクラス登録はこちら

秋学期(2019/9/23~12/14)のお知らせ  オンラインクラス登録はこちら

校内掲示ポスター・コース別

フランス語コース一覧

総合講座(入門科・初級準備)

日本語でやさしく授業いたします。 フランス語の初心者のために、全くの初歩から日本語で勉強する入門科を設けています。フランス語を楽しく学びながら、しっかりとした基礎学力を身につけていきます。 アテネ独自の初心者用テキストを用いて、必要な文法の知識を少しずつ段階的に習得していきます。身近な日常の場面で使われる単語や表現が使いこなせるようになります。また、人物、時刻、場所、出来事などを表わす基礎的なコミュニケーション能力も養います。

受講者の声

身近なことからゆっくり初めて頂けたのでとても楽しく勉強になりました。今まで曖昧だったアクセントの違い、語順の問題が少し整理されました。とはいえ、なかなか聴き取れない言葉が出てこない状況です。語彙を増やしてまた受講したいと思います。

総合講座(初級・中級)

フランス語の初級から中級までを系統立てて総合的に学ぶコース。フランス語を実際に使えるようになるため、日本語を使わず、フランス語だけで授業をします。

初級と中級のテキストを使用して、生きたフランス語と現代フランス文化を学びます。「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能をバランスよく習得し、総合的なフランス語力を養います。

総合講座(上級)

フランス語のみの授業により、上級レベルのテキストを使用して、語学の完成を目指します。上級クラスのレベルは、欧州評議会設定のレベルに対応しています。 授業内容は、現代フランス社会のさまざまな出来事・問題・現象を取り上げて、現代フランスの最新情報に触れていきます。また、文学作品の抜粋などを使用し、その作品の読みどころ、書かれた時代背景を解説し、読解力を深める授業を行います。

受講者の声

教科書を使いながら読む、聞く、話す、書くという語学学習に必要な4つの要素を毎回3時間の授業で学ぶことができるので語学力が少しずつ上がっていくのが実感できる。動詞の活用の練習を授業の始めにしてくれるのと生徒同士でロールプレイングの形で習ったフランス語を使い復習できるのでよかった。

視聴覚(クレディフ)

生きたフランス語表現を口頭練習でたくさん練習したり、ラボ室で先生に個別に発音のチェックをしてもらいます。最大の特色は、文字が無く、スライドと音のみの直接教授法になります。つまり、目(スライド)と耳(音声)からのアプローチだけで実践的な訓練を行っていきます。通常の講義スタイルと異なり発言の機会も多くコミュニケーションの道具としてフランス語を実際に使うことに重点を置いた内容になります。無理なく、効率よく、着実にフランス語の実践的な総合力を身に着けることができます。

視聴覚(サンテティック)

海外出張、留学準備等でフランス語の確実な総合的基礎力を短期間で身につけたい方に最適のクラスです。

単科

単科(発音・書き取り)

発音では、音声学の理論と、個人矯正による実習の両面から指導いたします。 書き取りでは、レベルに応じて同音異義語など2通り以上の綴りを、内容を理解して書きます。

受講者の声

発音練習とても良かったです。口がくたびれる位しないとダメなのですね。
旅行編に引き続き、とても楽しかったです。発音記号に苦手意識があったのですが、数字の発音に置き換えたり具体的な例を示して下さるので、コツをつかみやすかったです。

単科(文法・作文・和文仏訳)

文法では、内容をわかりやすく、的確に訳すための文法練習・構文の分析を学びます。 作文では、起承転結を明確に書き表わすフランス式の作文を学びます。 和文仏訳では、原文を的確な仏語で表現し、仏文和訳は日本語に訳す練習をします。

受講者の声

毎回、勉強になることばかりで、とても有意義な講義でした。色々な表現や言葉の使い方など、ずっと受講し続けたら上達するなあと思いました。
非常に勉強になりました。テキストも良く重要な点が理解しやすく、貴重なレッスンでした。

単科(時事・会話)

時事問題を正しく読み、解釈する力を養成。教材は主としてLe Mondeなどの新聞記事やF2などのテレビニュース等を使って学びます。また会話では、新聞や雑誌を用い、現在のフランスや世界で議論されているテーマについて深く掘り下げて考えていきます。

通訳・翻訳

将来プロの通訳者、通訳案内士、翻訳家を目指す方向けの実務講座です。

受講者の声

入り口は簡単でしたが自然な日本語にする時にフランス語のルールを守りつつやっていかなくてはいけないのが難しかったです。でもすごく興味深かったので、これから意識してやっていきたいです。
テキストの内容が面白かった。和訳するにあたり本質的なスキルが示されていた。訳に対する取り組み方は今後に役立てられると思う。

仏検対策

実用フランス語検定試験の受験準備クラスです。

受講者の声

とても丁寧かつ優しく教えていただいたので良かったです。
フランス語の基礎をもう一度丁寧に勉強しなくてはならないと思った。つづりなど間違えたときに(すぐに正しいものを教えるのではなくて)かなりしつこく分かるまで問いかけてから教えてくださるので自分ができなかったことが解消されるだけではなく正しい知識がしっかりと定着するので良かった。
ディクテが苦手でしたが勉強法や試験で聴き取れなかった時にどのように復元していくか、また辞書の使い方なども含めてフランス語学習について試験対策に留まらず多くのことを教えて頂きました。

単科(文化・教養)

フランスに触れ、楽しめるコース。フランス語を通して文化・歴史を学んだり、文学を読みこなしシャンソンなどにも親しんでいきます。

日本語エッセイコンテスト 2018「フランス語とわたし」 受賞作発表

今年の春に行われたエッセイコンテストの受賞作を掲載いたします。
このコンテストは、「フランス語とわたし」をテーマに、日本語で 1,200 文字以内のエッセイを校内生を対象に募集したものです。 アテネ・フランセでフランス語を学びフランスとの文化的な懸け橋を担った医者・齋藤晴比古先生の著書『ドクトゥール白ひげ 対フランス交流記』を読んで、 ご自身が学び始めたフランス語をこれからどのように活かしていきたいか、その思いを綴っていただきました。 

1等賞
後藤好子
2等賞
H.M 荒このみ
二瓶泰枝
3等賞
冨田舞
吾郷正子
齋藤牧子
松木瑶子
山本京子
 

國枝先生のお話ー「文法の日」講演会より

2013年4月の「國枝孝弘 文法セミナー」において、本校の卒業生であり且つ現講師である國枝孝弘先生がお話しした内容から一部抜粋してお届けします。

 

アテネ・フランセ オリジナル教材

ご好評をいただいております、アテネ・フランセのオリジナル教材「10 minutes en FRANCE」と「BALADES EN FRANCE」のご紹介です。リンク先のページからのご注文が可能です。
 

アテネ・フランセ責任編集による書籍のご紹介

10の基本フレーズを覚えるだけで、旅行で使うフランス語が話せるようになるメソッド

鈴木文恵/宇藤 亜季子 共著

ボンジュールから始めて日常会話・旅行会話が話せる

鈴木文恵 著

フランス語の基礎になる1400語が確実に身につく1冊!

島崎貴則 著

「40の公式」で文法の基礎がすっきりマスターできる!

島崎貴則 著

ネイティブ厳選!すぐに使えるフランス語の基本フレーズ集

鈴木文恵/アルメル・ヒルシャワー 共著