「YouTube英語で学ぶ英会話」新しい動画を追加しました。

関係詞の正しい使い分け方(1)(Relative clauses)【英語で学ぶ英会話】動画

【今回のテーマ】
限定用法
「who」「which」「where」「that」の使い方の違いについて学ぶ

【今回のポイント】
・“This is the book which I borrowed.”
本は物なので「which」も「that」も使える

・“This is the teacher who comes from Pennsylvania.”
“This is the teacher that comes from Pennsylvania.”
人なので「who」または「that」を使える

物=「which」「that」
人=「who」「that」

・何かが起こっている/起こったとき=「where」
“That’s the school where I studied French.”
特に何も起こっていない場合は「which」を使う
“That’s the school which is the largest in the city.”

話題は学校の規模です
この場合「which」または「that」

「where」=起こっていることについて(生まれた場所・通った学校)
「which」=何も起こっていない場合

“Japan is a country where rice is grown.”
「米を栽培している」=何かが起こっているので「where」

“Japan is a country which grows rice.”
「日本」=物になるので「which」

【このような方にオススメです】
日常で使われるフレーズを用いて、英単語の発音の仕方を学びたい
初対面の相手に、適切な自己紹介ができるようになりたい
旅行・留学先で現地のことについて尋ねることができる
これまでに訪れた街や国について話してみたい
日本の文化や習慣についてわかりやすく説明できるようになりたい
英会話が苦手
留学をしたいと考えている
海外旅行を楽しみたい
TOEIC,TOEFLの勉強をしたい
ネイティブの人と簡単な日常会話を楽しみたい方

動画はALL Englishですが、字幕付きのため初心者の方でも安心してご視聴頂けます。

チャンネル登録はこちら